佐竹知事の所得1451万、コロナでボーナス返上し減少

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 佐竹敬久知事と秋田県議会議員、市町村長の所得や資産に関する報告書が30日、公開された。対象は2020年1年間を通して在職した首長や県議。佐竹知事の所得は前年より220万円少ない1451万円だった。県議は公開対象の41人の平均所得が前年(35人)より71万円少ない1261万円。市町村長で公開対象となった24人の平均所得は前年(24人)より52万円少ない1020万円だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、給与を減額する動きがあり、所得が減る傾向にあった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 999 文字 / 残り 769 文字)

秋田の最新ニュース