県内鉄道3社が沿線地域の魅力発信 ウェブサイト共同開設

有料会員向け記事
お気に入りに登録

ウェブサイト「秋田の4あわせ鉄道博覧会」のトップページ


 JR秋田支社(秋田市)、由利高原鉄道(由利本荘市)、秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)の3社は1日、観光路線を中心に沿線地域の魅力を発信するウェブサイト「秋田の4(し)あわせ鉄道博覧会」を共同で開設した。3社の4路線をオンラインで紹介し、新型コロナウイルス収束後の誘客につなげる狙い。

 JR男鹿線、JR五能線、鳥海山ろく線、秋田内陸線それぞれの魅力を「鉄ゾーン」「人ゾーン」「感ゾーン」「旅ゾーン」の4項目に分けて発信する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 605 文字 / 残り 395 文字)