矢島駅に常設カフェ 憩いの場、由利鉄職員がおもてなし

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
提供されているウインナコーヒーとクリームソーダ
提供されているウインナコーヒーとクリームソーダ

 鳥海山ろく線(秋田県由利本荘市)の矢島駅に1日、常設のカフェがオープンした。コーヒーや軽食などを販売する。地元住民らの憩いの場になればと、列車を運営する由利高原鉄道が始めた。

 オープンしたのは矢島駅の待合室内で、店名は「駅カフェおばこ」。新たにカウンターを設け、倉庫だった部屋を改装し調理場とした。接客や調理は由利鉄の職員が行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 526 文字 / 残り 360 文字)

秋田の最新ニュース