田沢湖マラソン、2年連続で中止 クラスター発生などを考慮

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年の開催中止を決めた田沢湖マラソン実行委員会
今年の開催中止を決めた田沢湖マラソン実行委員会

 秋田県仙北市の田沢湖畔などで毎年9月に開催している田沢湖マラソンの実行委員会(会長・門脇光浩市長)が2日、市役所角館庁舎で開かれ、今年の第35回大会(9月19日)の開催中止を決めた。県内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生していることなどを考慮し、ランナーやスタッフなどの安全を担保できないとして判断した。中止は2年連続。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 665 文字 / 残り 495 文字)

秋田の最新ニュース