「一生懸命な走り見せて」 パラ代表熊谷さんに県内から激励

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年3月、練習に励む熊谷選手=千葉県富津市(日本ブラインドマラソン協会提供)
昨年3月、練習に励む熊谷選手=千葉県富津市(日本ブラインドマラソン協会提供)

 東京パラリンピックの陸上男子マラソン(視覚障害)に秋田市出身の熊谷豊選手(34)=三井住友海上=の出場が2日決まり、本県の陸上関係者から祝福、激励の声が上がった。

 金足農業高校時代の陸上部の恩師で、現在も監督を務める同校教諭の小野総志(さとし)さん(53)は「正直なところ驚いたが、良かった。高校時代から現在への成長を考えると感慨深い」と喜んだ。

 当時は、視覚障害を意識することなく健常者と変わらない指導をしたという小野さん。東北高校駅伝大会に1年時から起用するなど頼りにしていた選手だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 668 文字 / 残り 421 文字)

秋田の最新ニュース