「スポーツにつけ込み華美」 佐竹知事が五輪商業主義へ苦言

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久・秋田県知事は2日、県議会予算特別委員会の総括審査で、東京五輪について「アスリートファーストにつけ込んで非常に華美になっていて、相当税金を使う。もっと素朴に質素にやるべきだ」と指摘した。

 新型コロナウイルスの収束にめどが付かない中での開催について「コロナの問題というよりも、五輪そのものがスポーツの美名のもとに、商業主義になりすぎて、結局やらざるを得ない。五輪そのものが一般の住民に歓迎されなくなる」と述べた。

秋田の最新ニュース