デンマーク代表へ激励の踊り披露、大潟中でオンライン交流会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
選手団に披露した「よっちょれ」
選手団に披露した「よっちょれ」

 東京五輪ボート競技(7月23~30日)に出場するデンマーク代表チームの選手2人と秋田県大潟村の大潟中学校(安田和人校長、96人)の生徒が2日、オンラインで交流会を行い、英語でやりとりしたほか応援の踊りを披露した。デンマークの選手が村民と交流するのは初めて。

 全校生徒が体育館に集合。滞在先のホテルサンルーラル大潟にいる代表チームのスウェリ・ニールセン、ヨアキム・サトン両選手とカメラ越しにやりとりした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 563 文字 / 残り 361 文字)

秋田の最新ニュース