本県2敗で厳しい出だし、東北6県将棋、岩手で開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
青森との大将戦に臨む杜五段
青森との大将戦に臨む杜五段

 第64回東北6県将棋大会が3日、岩手県紫波町の紫波グリーンホテルで2日間の日程で始まった。各県が3人の選抜チームを編成し、総当たりのリーグ戦で対局。初日は2回戦まで行った。秋田県は2敗を喫し、厳しいスタートとなった。

 秋田魁新報社、岩手日報社、東奥日報社、福島民報社、山形新聞社の主催。初日は青森と宮城が2勝、山形と福島が1勝1敗、本県と岩手が2敗となっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 741 文字 / 残り 559 文字)

秋田の最新ニュース