ニュースの「つぼ」:生理の貧困

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市のNPO法人による生理用品配布の取り組み(写真は一部加工しています)
秋田市のNPO法人による生理用品配布の取り組み(写真は一部加工しています)

 「生理の貧困」。経済的な理由や家庭の事情などで、女性がナプキンなどの生理用品を十分に買えないことを指す。その支援の輪が県内で徐々に広がっている。今、なぜ社会問題として注目されているのだろうか。

 世界では2010年代から社会問題化している。欧州連合(EU)の移民・難民政策が専門で、ジェンダー平等や性の多様性についても発言している国際教養大助教の堀井里子さん(政治学)によると、発展途上国では困窮により生理用品を買えない女性が多いという。学校に女性用トイレがないといった理由で、生理中に休まざるを得ない生徒もおり、とりわけ若い世代では教育格差にもつながっていると指摘する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1097 文字 / 残り 811 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース