小木田の力投報われず TDK、1点に泣く

有料会員向け記事
お気に入りに登録

8回1失点と好投したTDK先発の小木田


 エースの力投、それを支える好守でTDKはペースをつかんだかに見えた。だが昨秋の都市対抗大会に続き1点に泣いた。「ゼロに抑える予想通りの展開の中、ここ1本が出るかどうか。そこの差だと思う」と佐藤康典監督は振り返った。六回まで得点圏に3度走者を置いたが、あと一本が出なかった。

 全国大会初先発の小木田敦也がトヨタ自動車の強力打線に立ちはだかった。「真っすぐに強いという情報があった」としてカットボール、スライダーを織り交ぜ、凡打の山を築いた。「思い通りの投球ができたと思う」。四回には2死二塁から中前打を浴びたが、北畠栞人の好返球に救われ、ゼロ行進を続けた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1584 文字 / 残り 1306 文字)

秋田の最新ニュース