東北6県将棋、秋田は最下位 杜五段は個人戦優勝

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
宮城との最終戦に臨む本県の大将・杜碩五段(左)
宮城との最終戦に臨む本県の大将・杜碩五段(左)

 第64回東北6県将棋大会は最終日の4日、岩手県紫波町の紫波グリーンホテルでリーグ戦残り3局を行い、青森が4勝1敗で3年ぶり9度目の優勝を果たした。秋田県チームは5敗を喫し、前回に続き最下位に終わった。個人戦で大将の杜碩(とせき)五段(36)=秋田市=が優勝を飾った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 845 文字 / 残り 711 文字)

秋田の最新ニュース