男鹿ナマハゲロック、今夏の開催中止 感染状況悪化で断念

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年の男鹿ナマハゲロックフェスティバル。多くの観客が熱いライブを楽しんだ
2019年の男鹿ナマハゲロックフェスティバル。多くの観客が熱いライブを楽しんだ

 秋田県男鹿市で7月23~25日に開催予定の音楽イベント「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」の実行委員会は5日、今年の開催を断念したと発表した。新型コロナウイルスの感染対策を講じた上での開催準備を進めてきたが、6月後半から県内で感染が拡大している状況を踏まえて判断した。昨年はコロナ禍で開催を1年延期しており、2年連続の見送りとなった。

 男鹿フェスは2007年に始まり、初めての3日間開催となった19年は延べ約1万7千人を動員。東北を代表する音楽フェスの一つに成長した。今年は3日間で40組のアーティストが出演する予定だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 625 文字 / 残り 362 文字)

秋田の最新ニュース