パラ・マラソンの秋田市出身・熊谷 「タイムより順位意識」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本番に向け意気込みを語る熊谷
本番に向け意気込みを語る熊谷

 東京パラリンピックの陸上男子マラソン(視覚障害)の日本代表に決まった秋田市出身の熊谷豊(34)=三井住友海上=が5日、秋田魁新報社の取材に応じ、「調整は順調。強豪ぞろいだが、金メダルを目指して全力で走る」と意気込みを語った。

 取材はオンラインで実施。本県関係初の東京パラ代表に選ばれたことについて、2016年リオデジャネイロ大会で選出されなかった悔しさをばねに努力を重ねてきた経緯に触れ、「とてもうれしい。タイムより順位を意識し、粘り強い走りを見せたい」と喜びと決意をにじませた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1380 文字 / 残り 1139 文字)

秋田の最新ニュース