能代「おもしろ塾」講座100回 「今後も市民のために」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
100回目を迎えた「市民おもしろ塾」の講座。記念講演が行われた=3日、能代市文化会館
100回目を迎えた「市民おもしろ塾」の講座。記念講演が行われた=3日、能代市文化会館

 能代市の有志が運営する講座「市民おもしろ塾」が、2016年の初開催から100回目を迎えた。ジャンルは地域の歴史や文化、自然環境など幅広く、代表の渡邊耕佑さん(74)は「200回を目指してこれからも頑張りたい」と意気込んでいる。

 おもしろ塾は、高校の教員だった渡邊さんや同級生など中心メンバー6人が「能代を面白くしよう」と16年6月に立ち上げた。同年9月から、市内で月2回程度、講座を開いている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 842 文字 / 残り 644 文字)

秋田の最新ニュース