高校野球秋田大会の注目校:2年前の覇者・秋田中央 「もう一度あの舞台へ」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
打撃練習に励む秋田中央の選手たち。切れ目のない打線は畳み掛ける力がある=同校グラウンド
打撃練習に励む秋田中央の選手たち。切れ目のない打線は畳み掛ける力がある=同校グラウンド

 2019年の秋田大会を制した。佐藤幸彦前監督から4月にチームを引き継いだ勝田慎監督は「新任監督と選手が、公式戦を1試合でも多く経験できたのが1番の収穫」と、準優勝の春季県大会を振り返る。

 監督、選手の意図の擦り合わせに時間を割いた。大会期間中も、局面ごとに変わる選手の役割やサインの狙いなどを丁寧に確認。双方向のやりとりで目指すチームの姿を固めている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 649 文字 / 残り 472 文字)

日程や組み合わせはこちら

連載企画:2年分の思い、白球に込め 高校野球秋田大会の注目校

秋田の最新ニュース