ブラウ新スタ、知事「コロナ禍で何十億円も出すのは難しい」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久・秋田県知事
佐竹敬久・秋田県知事

 佐竹敬久・秋田県知事は6日、サッカーJ2ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の新スタジアム整備に関し「チームやファンはいち早くということだろうが、新型コロナウイルス禍の中で早急に何十億円も出すのに県民の理解を得るのはなかなか難しい」と述べた。「今回の五輪で、スポーツに税金をかけるのはどうかという雰囲気もある」とも話した。県庁で報道陣の質問に答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 441 文字 / 残り 268 文字)

秋田の最新ニュース