矢島のワイン「優しい味」に 新商品3種お披露目

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
豊島さんが今年から販売する新商品のワイン
豊島さんが今年から販売する新商品のワイン

 秋田県由利本荘市矢島町でワイン造りに取り組む農家・豊島昂生さん(31)が6日、今年から販売する3種類の新ワインを市役所でお披露目した。地元で取れたブドウを生かした優しい味わいが特徴。「ワインは造る土地によって味が違ってくる。市販されている他のワインと飲み比べて、楽しんでほしい」とPRしている。

 新たに販売するのは、赤の「千里」、白の「toyochar(トヨシャル)」、ロゼの「toyopinot rose(トヨピノロゼ)」の3種類。750ミリリットル入り2400~3300円。

 ワインは由利本荘市や秋田市の一部店舗で取り扱っており、ウェブ(https://toyoshimafarm.com)のオンラインショップでも購入できる。トヨピノロゼは完売。問い合わせは豊島さんTEL080・7708・4706

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 906 文字 / 残り 554 文字)