願い事、人工衛星に載せ発射! 阿仁合駅に「宇宙ポスト」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
宇宙ポストに投函する阿仁合小の児童
宇宙ポストに投函する阿仁合小の児童

 北秋田市阿仁銀山の秋田内陸線阿仁合駅に「宇宙ポスト」が設置された。願い事を書いた短冊を投函(とうかん)すれば、その画像データが人工衛星に搭載され、宇宙へ打ち上げられる。一般社団法人「リーマンサットスペーシズ」(東京)によるプロジェクトの一環で、ポストの常設は千葉県いすみ市のいすみ鉄道国吉駅に続き全国2カ所目となる。

 ポストは駅舎1階に設置。秋田内陸縦貫鉄道社員の手作りで、高さ約1.8メートル、幅約30センチでロケットの形をしている。短冊はポストの横に置いてあり、誰でも投函できる。今年11月末までに投函すれば、2022年12月から翌1月ごろに打ち上げ予定の人工衛星に短冊が搭載されるという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1009 文字 / 残り 711 文字)

秋田の最新ニュース