ナガマツ「プレー良くなっている」 バド五輪代表会見

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンライン会見で意気込みを語る永原(左)と松本
オンライン会見で意気込みを語る永原(左)と松本

 バドミントンの東京五輪日本代表が8日、オンラインで取材に応じ、女子ダブルスで金メダルの期待がかかる北都銀行の永原和可那、松本麻佑組は、赤とオレンジを基調とした公式ウエアで会見に参加した。

 世界選手権2連覇中で、世界ランキング2位のナガマツペア。永原は代表合宿での状態に「徐々に気持ちも上がってプレーも良くなっている感じがある」とし、松本はコンディションをもう少し上げたいとした上で「けがと体調管理には気を付けたい」と気を引き締めた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 489 文字 / 残り 272 文字)

秋田の最新ニュース