小野喬さん、トーチ掲げ笑顔 都内で聖火リレー行事に登場

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
聖火がともったトーチを手にポーズを決める小野さん=東京都町田市
聖火がともったトーチを手にポーズを決める小野さん=東京都町田市

 東京五輪の聖火が9日、東京都に入り、リレーに体操の五輪金メダリストで、1964年東京大会の日本選手団主将を務めた秋田県能代市出身の小野喬さん(89)=東京都大田区=が登場した。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ公道での走行は中止されたが、小野さんはステージ上で聖火を掲げ笑顔で手を振った。

 町田市の多目的広場「町田シバヒロ」で開かれた点火セレモニー。小野さんはステージに上がって「トーチキス」で聖火を受け、カメラに向かいポーズを決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 556 文字 / 残り 337 文字)

秋田の最新ニュース