ブラバン解禁、在校生も応援 2年ぶりの高校野球秋田大会

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
初戦を勝利で飾り、喜び合う秋田工高の選手たち=こまちスタジアム
初戦を勝利で飾り、喜び合う秋田工高の選手たち=こまちスタジアム

 秋田市のこまちスタジアムなど県内4球場で9日、第103回全国高校野球選手権秋田大会が幕を開けた。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となった。夏の甲子園大会出場を懸けた大舞台。ブラスバンドによる応援が解禁されるなど、球場は徐々に本来の姿を取り戻しつつある。

 「甲子園は絶対にあると思って練習してきた。去年の3年生の分も自分たちが甲子園に行きたい」。大曲球場での1回戦を制した金足農高の石川峻外野手(3年)は全国選手権に挑戦できる喜びを語った。昨年はコロナ禍で大会は戦後初の中止に。2年分の思いを込めて試合に臨んだ。

 久々の光景が4球場で広がった。昨年の代替大会はスタンドへの入場が控え部員と保護者に限られていたが、今大会は在校生とブラスバンドによる応援が認められた。大声での声援は禁止されているが、生徒らはメガホンをたたいて選手にエールを送った。石川外野手は「応援してくれる人が多いとしびれるというか、緊張感が増す」と感謝した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 930 文字 / 残り 513 文字)

秋田の最新ニュース