地元の新鮮野菜いかが 八郎潟・塞ノ神農村公園に直売所新設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八郎潟町の塞ノ神農村公園にオープンした直売所
八郎潟町の塞ノ神農村公園にオープンした直売所

 秋田県八郎潟町浦大町の塞ノ神農村公園に今月、地元で取れた農産品の直売所がオープンした。町内有志で毎週土日と祝日に営業し、新鮮な野菜や山菜、手作り弁当などを販売する。

 公園駐車場の一角に設営したプレハブ小屋とテントが直売所。営業2日目の今月4日は、ジャガイモやダイコン、ニンニク、ミズ、ズッキーニなどのほか、手編みの籠も店頭に並んだ。公園を訪れた人が店に立ち寄り、「安い」「形ぶりが良い」などと言って商品を手に取っていた。

 直売所は町地域振興協議会、浦大町町内会、NPO法人「浦城」の歴史を伝える会、NPO法人「Hachi LAB」(はちらぼ)の町内4団体が共同で設置し、関係者有志でつくる実行委員会(齊藤志郎実行委員長)が運営する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 749 文字 / 残り 432 文字)