横手と大曲工が3回戦進出 高校野球秋田大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【横手清陵―大曲工】4回裏、3点本塁打を放ち、仲間と喜ぶ大曲工の長淵星(右)=能代球場
【横手清陵―大曲工】4回裏、3点本塁打を放ち、仲間と喜ぶ大曲工の長淵星(右)=能代球場

 第103回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)第4日は12日、能代市の能代球場(山田久志サブマリンスタジアム)で2回戦2試合を行い、横手、大曲工が3回戦に進んだ。他の3球場での6試合は雨のため順延となった。13日は秋田市のこまちスタジアム、さきがけ八橋球場、大仙市の大曲球場で2回戦の残り6試合を実施し、ベスト16が出そろう。

イニングスコアはこちらから
高校野球秋田2021

秋田の最新ニュース