はじめての家庭菜園・番外編【成長日記】 ピーマンは肉詰めに

お気に入りに登録

7月30日

ピーマンも育ってきました。
収穫したら肉詰めにして食べたいと思います。


地植えのミニトマトは順調なのですが、
最近、プランターのミニトマトの元気がありません。
暑い日が続いたので水が足りなかったか、養分が足りないのか…。
週に1回液体肥料をあげて様子をみようと思います。
液体肥料はじょうろに入れて希釈しました。

7月26日

トマトがどんどん赤くなってきました。


隣に植えているオレンジ色のトマトもたわわに実っています。


7月21日

落花生に黄色い花が咲いているのを発見しました。
小さくてかわいいです。


ミニトマト、ズッキーニ、ハーブと、
少しずつ収穫できるものが増えてきました。
写真は先日作った「ズッキーニの天ぷら」です。
揚げたてを塩で食べるのがお勧め。ズッキーニの優しい甘さが引き立ちます。


7月19日

パクチーの栽培にも挑戦しています。
秋田県立大学の櫻井准教授から「花を咲かせないように」と言われていました。
花を咲かせて結実すると株が弱って葉が収穫できなくなるそうです。
長く収穫したいのであれば、
「ニョキッと茎が伸びた先に花が咲いているが、
花だけではなく、この茎ごと切り取った方がいい」とのことでした。

数日雨の日が続き、久々にパクチーを見たら
たくさん花を咲かせてしまっていました・・・。
カスミソウのような小さくて白いかわいい花ですが、
急いで摘み取りました。
ちなみにこの花も食べられるそうです。


7月16日

エダマメに小さな紫の花が咲いているのを見つけました。
エダマメの花を見たのは初めて。
よく見ないと気付かないくらい小さいです。


昨日の新聞記事でも紹介しましたが、
ズッキーニ(緑)がウイルス感染したため引っこ抜きました。
写真は最後に収穫したズッキーニで作ったパスタ。
ズッキーニはトマトパスタにすごく合います。


7月14日

トマトが赤くなってきました。収穫が楽しみです。
葉っぱの付け根から生える「わき芽」は気付いた時に摘み取るようにしています。


7月10日

前回の追肥から2週間ほどたったので、エダマメとズッキーニに2回目の追肥をしました。エダマメは根元に土を寄せる「培土(ばいど)」も行いました。


 新型コロナウイルス禍により、家で過ごす時間が増え、「家庭菜園」が注目されています。初心者の文化部・記者(37)も野菜作りを始めた1人。県立大生物資源科学部教授の藤晋一さん(植物病理学)と准教授の櫻井健二さん(園芸育種学)からアドバイスを受けながら、栽培のこつや成長の様子をくらし欄の連載「はじめての家庭菜園」で随時掲載しています。さきがけ電子版では、紙面では伝えきれない日々の成長の様子を紹介します。


連載「はじめての家庭菜園」はこちら

秋田の最新ニュース