SDGs「企業評価の判断材料に」 秋田銀・芦田晃輔取締役常務執行役員

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
SDGsについて語る芦田取締役常務執行役員=秋田市山王の秋田銀行本店
SDGsについて語る芦田取締役常務執行役員=秋田市山王の秋田銀行本店

 国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、秋田県内企業の取り組みが広がっている。秋田銀行は2019年に「SDGs宣言」を出して推進に力を入れており、さまざまなサービスで企業の試みを支援している。秋田銀の芦田晃輔・取締役常務執行役員経営企画部長(49)に取り組みの狙い、メリットを聞いた。



 ―SDGsとは。
 「経済成長や雇用の促進、クリーンなエネルギー確保、気候変動への対策といった17の目標から成る。持続可能でより良い未来の実現を目指す世界共通の目標だ。当行の全行員は17色から成るSDGsのバッジを着けている」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1226 文字 / 残り 959 文字)