原子力規制委、東電本社立ち入り 柏崎刈羽核防護不備で初

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
原子力規制委の検査チームの聞き取りに応じる東京電力の小早川智明社長(左奥)=13日午後、東京都千代田区(同委提供)
原子力規制委の検査チームの聞き取りに応じる東京電力の小早川智明社長(左奥)=13日午後、東京都千代田区(同委提供)

 原子力規制委員会は13日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロ対策などの核物質防護に不備があった問題を巡り、東電本社(東京都千代田区)を立ち入り検査した。今年に入り発覚した一連の問題で本社へ立ち入るのは初めて。

 小早川智明社長から聞き取りを行ったほか、関連資料の提供を受け、不備に関する情報が発電所内でどう共有されたかや、本社にどのように伝わったかなどを確認。今後の本格的な検査計画の策定につなげる。

 検査チーム長は「セキュリティー事案であるための情報の取り扱いの問題で、必ずしも詳細な状況が(社長に)伝わっていなかったのではないか」との見方を示した。