北都銀、ESG融資事業指定機関に 脱炭素へ設備投資後押し

会員向け記事
お気に入りに登録

 北都銀行は、環境省の「地域ESG(環境・社会・企業統治)融資促進利子補給事業」の指定金融機関に採択されたと発表した。国が利子を補給し、再生可能エネルギーの導入拡大や、脱炭素に向けた設備投資を後押しする。北都銀によると、採択は県内金融機関で初めて。

 利子補給は、再生エネ事業や二酸化炭素の削減効果が見込まれる省エネルギー設備などへの投資が対象となる。融資額は1件当たり最大10億円。利子が最長で3年間、最大1%補給されるため、事業者は通常よりも低い金利で融資を受けられる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 517 文字 / 残り 281 文字)