45年前の縁、増田中生が五輪デンマーク代表にメッセージ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
作製したはがきを手にする増田中生徒
作製したはがきを手にする増田中生徒

 1976年夏、秋田県横手市の増田中学校吹奏楽部のメンバーはデンマークで開かれた「世界青少年音楽祭」に出場、マーチングバンドの部で見事3位に輝いた。生徒は首都コペンハーゲンで民泊し現地の人々と交流を深めたという。45年前に育んだこのデンマークとの縁を大切にしようと、増田中の3年生は13日、東京五輪ボート競技(7月23~30日)に向けて大潟村で事前合宿に臨んでいるデンマーク代表に贈るメッセージはがきを作製した。

 きっかけは当時、吹奏楽部長としてデンマークを訪れた東海林宏明さん(60)=横手市=からの提案だったという。

秋田の最新ニュース