秋田市保健所、5月は職員14人が過労死ライン コロナ対応

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市保健所(資料写真)
秋田市保健所(資料写真)

 秋田市保健所で5月、残業時間が過労死ラインとされる月100時間を超えた職員が14人いることが14日、市への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、陽性者の行動履歴や接触者などを調査する保健師らの業務が増え、長時間労働につながった。県職員は1人が100時間を超えた。

 保健所によると、5月の残業が月100時間超となったのは、健康管理課の感染症・難病担当の保健師と事務職員の計14人(管理職を除く)。最も多い人で月184時間に上った。4月も12人が100時間を超えた。

 4~5月は繁華街の川反・大町地区でクラスター(感染者集団)が発生。市内の学校や高齢者施設、保育園でもクラスターが相次いだ。5月は月別で過去最多の197人の感染が判明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 826 文字 / 残り 501 文字)

秋田の最新ニュース