東北電、鹿角市などで陸上風力 最大18基、25年度着工へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 東北電力は14日、鹿角市と青森県田子町、三戸町の3市町にまたがる地域で最大出力7万5600キロワットの陸上風力発電事業を計画していると発表した。2025年度の着工、27年度以降の運転開始を目指す。

 事業名は「田子風力発電事業(仮称)」。3市町にまたがる国有林と保安林1859ヘクタールに出力4200キロワットの風車を最大18基設置する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 461 文字 / 残り 292 文字)

秋田の最新ニュース