「サイト解約に金必要」 大仙の20代女性、35万詐欺被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警大仙署は14日、大仙市内の20代女性が架空請求詐欺に遭い、電子マネー利用権35万円分をだまし取られたと発表した。

 署によると、女性が14日午前にスマートフォンを操作中に誤ってアダルトサイトに接続され、画面に「決済が完了しました。登録料47万円です」と表示された。連絡先に電話すると、対応した男から「解約には金が必要。今支払えば安くなる。10人限定で残り3枠しかない。特別に35万円でいい」などと言われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 349 文字 / 残り 142 文字)

秋田の最新ニュース