学校現場のICT:大潟小学校 電子黒板で解き方比較

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 大潟小学校(三浦智校長、147人)は2015年度、他の学校に先駆けて複数のタブレット端末を導入した。今春には1人に1台ずつ端末が行き渡り、授業での活用が広がっている。

 今月6日、5年生(31人)の教室で行われた算数の授業では、図形の角度を求める練習問題に取り組んでいた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 761 文字 / 残り 625 文字)

この連載企画の記事一覧