はじめての家庭菜園:キュウリモザイクウイルス・アブラムシ介し感染

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ズッキーニが明るい黄色の花を咲かせるようになった。この時期に必要となるのが「人工授粉」の作業。しっかり受粉していなければ実が大きくならなかったり、変形したりする場合があるという。

 ズッキーニには雌花と雄花がある。花のがくの下が膨らんでいるのが雌花、膨らんでいないのが雄花だ。まず、雄花を摘み取って花びらを手で取り除く。すると、花粉の付いたおしべが出てくる。このおしべの先端を、雌花の中にあるめしべの先端の「柱頭」にぽんぽんと優しくこすり付ける=写真下。作業はこれで完了だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 953 文字 / 残り 716 文字)

秋田の最新ニュース