「完璧な調整できた」大潟村合宿 デンマーク代表が会見

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大潟村での事前合宿について「完璧な調整ができた」と語るウィスタベル選手(左)とエリクセン選手
大潟村での事前合宿について「完璧な調整ができた」と語るウィスタベル選手(左)とエリクセン選手

 秋田県大潟村での事前合宿が終盤を迎えた東京五輪ボート競技のデンマーク代表チームが15日、滞在先のホテルサンルーラル大潟で村との共同記者会見を開いた。23日の開幕まで1週間余りと迫った五輪に向け、選手たちは「完璧な調整ができた」と合宿の成果に胸を張った。

 会見には2012年ロンドン五輪銀メダリストで女子かじなしペアのフィエ・エリクセン選手(35)、男子かじなしペアのフレデリック・ウィスタベル選手(27)、ヘッドコーチのマッツ・ペーターセンさん(46)、高橋浩人村長が出席した。

 現在の仕上がり具合について、エリクセン選手は「毎日いい環境で多くの練習に取り組めたので、五輪が楽しみ」と話した。ウィスタベル選手も「村の応援を感じながら完璧な練習ができた。調子は上がっている」と手応えを口にし、「金メダルを目指し、ベストを尽くしたい」と意気込んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 751 文字 / 残り 378 文字)

秋田の最新ニュース