秋田商、堅守でエースもりたてる 攻めても13安打7得点

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田商は、大黒柱の高橋入麻(3年)をバックが堅守で支え、女房役が持ち味を引き出した。終わってみれば第3シード大館桂桜に八回コールド勝ち。「(高橋よりも)周りがキーになる」との太田直監督の言葉に実感がこもった。

秋田商と横手が8強入り 高校野球秋田大会第7日

 初戦と同じように、高橋は立ち上がりの制球に苦労した。一回は先頭に中前打を許し、自らの失策で1死満塁のピンチを招いたが、遊撃・児玉一波(3年)が落ち着いて打球をさばき併殺を完成させた。

 高橋は「ずるずるいきそうになったが、野手が助けてくれた」と感謝。その後も内外野の間に落ちそうな難しい飛球を児玉一が好捕するなど、手堅い守備でもり立てた。

【大館桂桜―秋田商】8回裏2死一塁、秋田商の児玉凌が右越え三塁打を放ち、失策の間に生還する

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1730 文字 / 残り 1433 文字)

秋田の最新ニュース