コロナで遠出避けた? 20年度県内旅行率、秋田が全国2位

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 リクルート(東京)の調査研究機関・じゃらんリサーチセンターがまとめた「じゃらん宿泊旅行調査2021」によると、2020年度の秋田県の県内旅行率は前年度比54・9ポイント増の61・0%で全国2位だった。前年からの上昇幅は全国トップだった。センターは「新型コロナウイルスの感染拡大により、県内旅行を楽しむ人が増えたようだ」とみている。

 調査は国内旅行の実態調査を目的に行っており、今年で17回目。4月にインターネットで実施し、1万5719人から回答を得た。県内旅行率は「昨年度1年以内に国内で宿泊旅行をした」と回答した人のうち、居住地である都道府県を旅行先に選んだ人の割合。全国1位は北海道で割合は76・7%だった。3位は岩手県の59・5%、4位は沖縄県の55・2%が続いた。

 一方、上昇幅については、トップの本県に続いて2位が岩手県(42・5ポイント)となった。5位は山形県(33・6ポイント)で上位5県に東北地方が3県入った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 939 文字 / 残り 525 文字)

秋田の最新ニュース