秋田のサブマリン・富樫、変幻自在 翔北相手に1失点

有料会員向け記事
お気に入りに登録

【湯沢翔北―秋田】九回2死まで1失点と力投した秋田の富樫

 負ければ終わりという重圧がかかる夏のマウンドで、公式戦初先発の2年生・富樫賢暉が秋田を8強に導いた。背番号4をつける右下手は九回途中まで1失点。会心の投球だった。

秋田南、秋田が準々決勝へ 高校野球秋田大会第8日

 最速146キロのエース石井夢沙士(3年)を擁しながらも、伊東裕監督に迷いはなかったという。春先の練習試合で湯沢翔北を相手に富樫は6回1失点と好投。「右打者が多く、合っていない」と感じていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 998 文字 / 残り 796 文字)

秋田の最新ニュース