地方点描:非日常の学び[本荘支局にかほ市駐在]

会員向け記事
お気に入りに登録

 「無理。もう歩けない」。郷土の名峰鳥海山へ挑む仁賀保高校の伝統行事「全校鳥海登山」でそう漏らす生徒を見て、ふと昔の自分を思い出した。

 大学に入って間もなく、男鹿市の寒風山から秋田市のキャンパスまで約40キロの道のりを夜通し歩く行事「今日歩大会」に参加した。午後9時にサークルの仲間と勢いよく出発。歩き始めこそ趣味や恋愛の話で盛り上がったが、中間地点では「疲れた」としか言えなくなっていた。道中何度もリタイアの文字が頭をよぎる中、夜明けごろに何とかゴールできた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 632 文字 / 残り 401 文字)

秋田の最新ニュース