東京五輪カヌー壮行会 県勢の佐藤、小野が抱負

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カヌー日本代表の壮行会で、意気込みを語る佐藤(左)と小野(YouTube配信から)
カヌー日本代表の壮行会で、意気込みを語る佐藤(左)と小野(YouTube配信から)

 日本カヌー連盟は16日、東京五輪カヌー選手団の壮行会をオンラインで行った。秋田県勢はスラローム女子カナディアンシングルに出場する佐藤彩乃(24)=秋田病理組織細胞診研究センター=と、スプリント女子カヤックシングルの小野祐佳(30)=県スポーツ協会=らが参加し、抱負を語った。

 佐藤は「選手として五輪に参加できることがうれしく、感謝の気持ちでいっぱい。大会が終わるまで自分ができることを精いっぱい頑張る」と決意を語った。小野は「大変な状況の中、開催できることに感謝し、応援してくれる後援会や世界中の皆さんに元気なニュースを届けたい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 407 文字 / 残り 136 文字)

秋田の最新ニュース