土崎港曳山まつり 欠かせぬ味カスベ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

[乾物を取り扱う竹中商店]暑い夏のぜいたく品


まつりの時期に人気の「真かすべ」を手にする竹中さん

 まつりが近づくと、町内のあちこちで魚を煮る独特の匂いが漂う。秋田市土崎地区の各家庭が作る、カスベの煮付けの匂いだ。

 ◇  ◇

 カスベとはガンギエイ科の魚。土崎地区では人が集まる大切な時に干したカスベを煮付けて食べる習わしがあり、土崎港曳山(ひきやま)まつりは「カスベまつり」とも呼ばれる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2018 文字 / 残り 1851 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース