米女子ゴルフ、笹生組7位に浮上 ダウグレートレークスベイ招待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3ラウンド、通算10アンダーで7位に浮上した笹生優花(右)、ミンジ・リー組=ミッドランドCC(共同)
第3ラウンド、通算10アンダーで7位に浮上した笹生優花(右)、ミンジ・リー組=ミッドランドCC(共同)

 【ミッドランド(米ミシガン州)共同】2人一組で争う米女子ゴルフのダウグレートレークスベイ招待は16日、ミシガン州ミッドランドのミッドランドCC(パー70)で一つの球を交互に打つフォアサムの第3ラウンドが行われ、23位で出た笹生優花、ミンジ・リー(オーストラリア)組は66と伸ばし通算10アンダー、200で7位に浮上した。首位と5打差。

 69だった畑岡奈紗、レキシー・トンプソン(米国)組は通算9アンダーで15位。シドニー・クラントン(米国)ジャスミン・スワナプラ(タイ)組など2組が通算15アンダーでトップに並んだ。