明桜、秋田南が準決勝へ 1点差の接戦制す

お気に入りに登録

【明桜―秋田】10回表1死二塁、明桜は土居の右前打で上山(右)が生還

 第103回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)第10日は18日、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝2試合を行った。明桜は延長十回の末に粘る秋田を振り切り、秋田南は秋田中央との接戦をものにし、ともに準決勝に進んだ。19日は同スタジアムで準々決勝残り2試合、秋田商―由利と大曲工―横手を実施し4強が出そろう。

 ▽準々決勝
秋田南 3―2 秋田中央
明 桜 4―3 秋 田
(延長十回)

イニングスコアはこちらから
高校野球秋田2021

秋田の最新ニュース