デンマーク代表、大潟村から選手村へ 笑顔で見送り【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録


 東京五輪ボート競技に出場するデンマーク代表チームが18日、秋田県大潟村での約1カ月間の事前合宿を終え、都内の選手村に向けて出発した。宿泊先のホテルサンルーラル大潟では多くの村民らが旅立ちを見送り、デンマーク語で「コムサ(頑張れ)デンマーク!」とエールを送った。

 ホテルで壮行会が開かれ、高橋浩人村長が「あっという間の1カ月が過ぎて、いよいよ五輪本番。皆さんのメダル獲得を願っている」と激励。村は記念品として、大潟中学校3年の前田柚子さんが書道十段の腕前を生かして書いた「力戦奮闘」の書と合宿記念証を贈った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 656 文字 / 残り 402 文字)

秋田の最新ニュース