教育2021:道徳の今 正解ない教科、模索続く

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 「考え、議論する道徳」を目指す文部科学省の方針の下、道徳は2018年度に小学校、翌19年度に中学校で「教科」となった。明確な答えのない道徳の授業は、現場でどのように進められているのか。

 ◇  ◇

 今月8日、秋田市桜の桜小学校の6年2組の教室で道徳の授業が行われていた。

 「生きるために(生き物を)食べるってどういうこと?」。五十嵐弘輔教諭(25)が問い掛ける。「かわいそう」「食べないと生きていけない」「仕方ない」。子どもたちがそれぞれ意見を言い、教諭が板書していく。教材は、知床を舞台にした読み物「命の旅」。厳しい冬を乗り切るため、動物が他の生き物を食べる姿が描かれている。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース