土崎港曳山まつり 「ジョヤサ」の掛け声、園庭に

有料会員向け記事
お気に入りに登録

牛若丸と大天狗の人形が、子ども用の曳山を飾った

 園児たちが「ジョヤサ」の掛け声で綱を引き、子ども用の曳山(ひきやま)を動かした。今月9日、秋田市土崎港中央の土崎幼稚園で開かれた夕涼み会の一こまだ。

 運行は午後6時半ごろ始まり、園児が引く曳山は園庭を端から端まで往復した。

 声と拍子木で曳山を先導する「音頭取り」を務めたのは、保護者の齊藤諒介さん(32)。齊藤さんの掛け声に続いて、園児も元気いっぱいに声を出した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 981 文字 / 残り 798 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース