秋田・伊東監督「風間君相手に一つになった」 高校野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝候補の明桜を追い詰めながら競り負けて肩を落とす秋田の選手
優勝候補の明桜を追い詰めながら競り負けて肩を落とす秋田の選手

 秋田は大会ナンバーワン投手風間球打(3年)に食らい付きながらも一歩及ばず、伊東裕監督は涙が止まらなかった。「風間君相手に一つになって本当によくやってくれた」。集大成の舞台で選手が見せた奮闘に感極まった。

明桜、秋田南が準決勝へ 1点差の接戦制す

 待ち望んだ対戦だった。「風間のいる明桜に勝って甲子園に行く」と冬から対戦をイメージ。組み合わせ抽選では、エース石井夢沙士(むさし、3年)から「(明桜のいる)こまちブロックを引いてこいよ」と託された菅原祐介主将(3年)が、その通りに引き当てた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 578 文字 / 残り 334 文字)

秋田の最新ニュース