ブルーベリー摘み取り体験「子どもが大人になっても」 美郷町

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県美郷町金沢東根の「くろかわ農園」では毎年7月の1カ月間、取れたてのブルーベリーをその場で味わう摘み取り体験ができる。今年は2012年の開園から10年目。園主の黒川正之さん(41)は「来てくれる地元の子どもたちが大人になる頃も栽培を続けていたい」と話す。

 今月14日、町内の三つの認定こども園の園児約80人が農園を訪れ、紫に色づいたブルーベリーの実を思い思いに摘み取った。園児たちは、自分で取った実を口に運んでは「甘い」「おいしい」と歓声を上げていた。

 収穫したブルーベリーは道の駅美郷など近隣の事業者に出荷しており、電話注文を受けて個人客にも発送している。問い合わせはくろかわ農園TEL090・8927・0763

ブルーベリーを摘み取って味わう園児たち

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 805 文字 / 残り 495 文字)

秋田の最新ニュース