秋田商・児玉がサヨナラ打「ミス取り返せた」 高校野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 サヨナラ打を喫した由利ナインが動くことができない中、ベンチから飛び出してきた秋田商の選手も目に涙を浮かべていた。九回裏2死三塁で、中前に運んで試合を決めた児玉一波(3年)は「自分のミスから同点にされて、取り返せてほっとした」。どちらに転んでもおかしくないシーソーゲームだった。

秋田商と横手が4強、高校野球県大会 準決勝は21日

 エース高橋入麻(同)の不安定な立ち上がりを攻められ3失点。太田直監督は「追い掛ける展開になり、攻守で窮屈になってしまった」と、序盤はペースをつかめなかった。それでも3点を追う四回に高橋の2点適時打などで追い付くと、六回は4連打と犠飛で3点を勝ち越した。

秋田の最新ニュース