秋田市の障害者施設でクラスター 県内コロナ、20日は3人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市と県は20日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち市内の感染者は2人で、障害者支援施設に入所する80代女性と施設職員の30代女性。この施設では今月12日以降、職員5人と入所者1人の感染が確認されており、市はクラスター(感染者集団)が発生したと判断した。県内の感染者は累計977人。

 市によると、障害者支援施設の2人は13日の検査では陰性だったが、その後に入所者の80代女性は脱力感や微熱、30代女性職員は体の痛みやせきなどの症状が出た。共に19日の検査で陽性と判明した。このほか、大仙保健所管内では年代性別非公表の介護施設職員1人の感染が確認された。


新型コロナウイルスに関する記事はこちら

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 533 文字 / 残り 223 文字)

秋田の最新ニュース