21日は熱中症に警戒 県内に初の「アラート」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 21日の秋田県内も高温が予想されるなどとして、環境省と気象庁は20日、熱中症のリスクが特に高まった際に注意を促す「熱中症警戒アラート」を県内に初めて発令した。外出を控えるなどの暑さ対策を求めている。

 気象庁によると、21日の県内は太平洋高気圧に覆われて、日中の気温が上がる。予想最高気温は秋田市33度、北秋田市鷹巣35度、横手市35度。猛暑日となる恐れがある。

 気象庁は外出をなるべく避け、エアコンなどで室内を涼しい環境にするよう呼び掛けている。また、特に高齢者や子どもらは熱中症にかかりやすいとし、小まめな休憩や水分補給が必要としている。

大館と角館35・5度、各地で高温続く 熱中症で2人重症か

熱中症、注意すべきポイントは? 感染予防と上手に両立を

秋田の最新ニュース